Back to Top

VB・C#・Linux などの覚書

Category: VB構文・その他

VB.NET 乱数を生成する

乱数を取得する方法を記載します。

乱数を取得するには、System.Randomクラスの Nextメソッドを使用します。

※シード値を指定しない場合は、クラスの時間に依存する既定のシード値(Environment.TickCount 等) が使用されます。

 

VB.NET Threadクラスによるマルチスレッド

Threadクラスでマルチスレッドをする

・同時に実行できるスレッドの数に制限がある

Threadのマルチスレッド

スレッド使用例

 

スレッド側でメインのコントロールを更新する

別スレッドからコントロールを操作する場合にはInvokeメソッドを使用します。Invokeメソッドを使うと、コントロールに対する操作をメイン・スレッドで実行させることができる。

Invokeメソッドを使う必要があるかどうかをチェックするためのInvokeRequiredプロパティがあります。このプロパティは、それを呼び出したスレッドがメイン・スレッドかどうかを調べ、trueあるいはfalseを返します。