VB.NETのDataTable列(Columns)

DataTableで使用する列(Columnsプロパティ)の操作を説明します。

列(フィールド)の追加および主キーの設定をする

 

フィールド名の存在チェックおよびフィールド名の削除をする

フィールド名が主キーに設定されている時は、削除することはできません。

 

フィールド数を取得する

 

フィールドでループ

 

主キーの大文字と小文字を区別する

主キーが文字列の場合、主キーの大文字と小文字を区別する場合はCaseSensitiveをTrueに設定します。

上のコードでCaseSensitiveがFalseの場合2列目の追加でエラーになります。

 

コメントを残す