WindowsのAnaconda環境にTensorFlowをインストール

Windows版のAnaconda環境に、TensorFlowをインストールする方法を記載します。

Anacondaはインストールされているものとして説明を進めます。

TensorFlowを動作させる場合は、Anacondaの64bit版がインストールされている必要があります。

 

以下の説明は、AnacondaにTensorFlow専用の環境を作成して、インストールする手順とします。

初めにAnaconda専用の、Anaconda Promptを起動します。

TensorFlow公式サイト

 

TensorFlow専用の仮想環境の作成

仮想環境の作成には、condaを使用します。

上記は、仮想環境 tensorflow を作成して、Python3.5をインストールしています。

※現在(2017/03) TensorFlowは、Python3.5の環境で動作します。
 

TensorFlowのインストール

TensorFlowは、pipコマンドを使用してインストールします。

TensorFlowの仮想環境に移動します。

 
TensorFlowをインストールします。(TensorFlow1.0をインストール)

旧バージョンのインストールは、下記のようにします。

 

TensorFlowのパッケージを確認します。

 

TensorFlowの動作確認

以下のコマンドを実行し、バージョンが表示されたら成功です。

 

Jupyter Notebookのインストール

通常インストールされているので、インストールの必要はありませんが、うまく動作しないときがあります。ので記載します。

Jupyter Notebookのアップデート

Jupyter Notebookのインストール

※Jupyter Notebookを使用するブラウザーはGoogle Chromeを使用しないとうまく動作しない場合があります。

 

Jupyter Notebookの起動

Jupyter Notebookにて、TensorFlowの動作確認

 

TensorBoardの可視化

上記のコードを実行させる。

 

TensorBoardを起動させる

http://localhost:6006

上記のコードは、TensorFlow 1.0で記述しています。詳しくは公式サイトを見てください。

 

コメントを残す