VB.NET 指定回数繰り返した文字・文字列を取得する

指定回数 繰り返した文字または、文字列を取得する方法を記載します。

 

Stringコンストラクタを使用する方法

 

String.StrDup メソッドを使用する方法

 

String.ConcatとEnumerable.Repeatを使用する方法

String.Concatメソッドは、文字列を連結し、

Enumerable.Repeatメソッドは、生成された値を指定回数繰り返します。

 

StringBuilder.Insertメソッドを使用する方法

 

Stringで繰り返した文字を指定の文字列に置き換える方法

Stringのコンストラクタで、”*” 文字列を生成し、Replaceメソッドで指定文字列に置き換える

 

VB.NET 文字列が空か調べる

文字列(String)が空の文字列かを調べるに方法にて説明します。

等値演算子による比較

 

 

Equals メソッドによる比較

 

 

Nothing (NULL) か比較

※文字列は

Dim s As String

Dim s As String = “”

Dim s As String = Nothing

※以上3つとも値がことなりますので注意

 

 

VB.NET 文字列の先頭・末尾の指定文字を削除する

文字列の先頭または末尾にある指定文字を削除する方法を説明します。

文字の削除には、String.Trim メソッドを使用します。

※あと正規表現にて削除する方法もあります。