CentOS6.6 DKMSのインストール

RPMforgeのページでリポジトリ追加のためのパッケージの確認。

RPMforgeのページ
http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/

wgetをインストール
#yum -y install wget

rpmパッケージのダウンロード
#wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

パッケージのインストール
rpm -ivh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

rpmforge-releaseのアップデート
# yum -y update rpmforge-release

# yum -y install dkms

 

CentOS6.7 VNCのインストール

1.パッケージインストール

# yum -y install tigervnc-server

2.VNCユーザパスワードの登録

# su ユーザ名
$ vncpasswd

3.VNC起動用ファイル編集

1)custom.confの編集

# vi /etc/gdm/custom.conf
[xdmcp]
Enable=true

2)xstartupの編集(必用な時のみ)
・xstartupファイルを作るためを一度起動させ終了させる
#vncserver :1
#vncserver -kill :1

# vi /ユーザ名/.vnc/xstartup
unset SESSION_MANAGER
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS
exec /etc/X11/xinit/xinitrc

 

・日本語にならない場合最終行に追記する
export GTK_IM_MODULE=scim
・日本語入力の切り替えは 「Ctrl + スペース」です。

 

4.VNCサーバー起動
(1)方法1
・起動するユーザにログインしてvncserverを起動して接続する

#vncserver :1

・ ディスプレイ番号「1」、解像度「800×600 」、色深度「24」で起動
例: vncserver :1 -geometry 800×600 -depth 24

・後はクライアントでログインする。

(2)方法2
・OS起動時にvncserverを自動起動する

1)ユニットの設定ファイルをコピー
# cp -a /lib/systemd/system/vncserver@.service /etc/systemd/system/vncserver@:1.service

2)ファイル中の<USER>をログインするユーザ名に変更する
#vi /etc/systemd/system/vncserver@:1.service

3)VNCサービスの自動起動設定し起動する。
#systemctl enable vncserver@:1.service

4)VNCサービスの起動を行う。
#systemctl start vncserver@:1.service

・後はOSを再起動してクライアントでログインする。

※enableをすることで以下位置にコピーが行われる。disableで削除される。
disableが動作しないときは、ファイルを手動で削除する
/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/vncserver@:1.service

vncserver確認方法

#systemctl status vncserver@.service
#systemctl list-unit-files  -t service

 

起動エラー対処法
・「Failed to start Remote desktop service (VNC)」エラー

1)上記エラーが表示された場合、まずはVNCサーバのプロセスを停止させる。
#vncserver -kill:1   (起動しなかったVNCサービス番号)
2)プロセス停止後、「/tmp/.X11-unix/」フォルダ配下にあるソケットファイルを削除する。
#rm /tmp/.X11-unix/X1  (起動しなかったVNCサービス番号)
3)再度VNCサービスを起動させる。

CentOS6 freenxのインストール

CentOS6にfreenxをインストール

※RPMforgeが導入されている

■インストール

#yum install nx freenx -y

■設定の編集

/etc/nxserver/node.confに以下の記述を追加。

ENABLE_PASSDB_AUTHENTICATION=”1″

■nxserver にユーザ追加

# nxserver –adduser username
# nxserver –passwd username