Andoroid開発環境作成

Androidの開発SDKを追加することにより開発環境をセットアップできます。

1.Android SDKの取得

・http://developer.android.com/ よりSDKをダウンロードします。 ・ダウンロードしたZipファイルを展開します。

2.Android SDKをEclipseから使うためのPluginをEclipseにインストールする。

[ヘルプ] – [新規ソフトウェアのインストール] 選択。

・[追加]ボタンクリック。

[名前]には[Android Plugin]などの適当な名前を入力。

[ロケーション]には[http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/]を入力。

入力がすんだら[OK]ボタンクリック。

[開発ツール]にチェックをつけ[次へ]ボタンクリック。

インストール完了後、Eclipseの再起動を促されるので、[はい]ボタンクリック。

3.Android SDK の設定をする。 [ウィンドウ] – [設定] 選択。

・ダイアログ左の、[Android] 選択。

ダイアログ右の、[参照] ボタン選択。

先ほどダウンロードしたAndroid SDK のフォルダを選択する。

4.Platform APIインストール Androidアプリケーション開発に必要なPlatform APIのインストールを行う。

[ウィンドウ] – [Android SDK および AVD マネージャ] 選択。

[Installed Packages]選択して、[すべて更新]ボタンクリック。

アップデート可能なコンポーネントリストの取得を自動で行う。

[Virtual devices]を選択して[新規]ボタンクリック