CIFAR-100データセットを画面表示する

機械学習などに使用されるデータCIFAR-100をピクチャーボックスに表示する方法を記載します。

CIFAR-100のデータ構造は、

粗いラベル:1バイト 細かいラベル:1バイト R:1024 G:1024 B:1024

の順番で1+1+1024+1024+1024=3074バイト

を1レコード(1画像データ)としたデータで構成されています。

 

CIFAR-100を画面に表示するには、ビットマップデータに変換する必要があります。

CIFAR-100を画面に表示させる

データは、CIFAR-100 binary version を使用します。

 

コメントを残す