CentOS7 Sambaサーバー構築

WebminでSambaの設定をする方法を記載します。

Sambaの確認

 

Sambaのインストール

 

Samba起動

 

Samba自動起動

自動起動確認

 

ファイヤーウォール設定

追加

確認

 

Webminの設定

[未使用モジュール]-[Samba Windows ファイル共有]を選択し、【Samba Share マネージャ】を表示ます。

webmin0

[ユーザの変換]を選択

webmin2

 

[ユーザの同期]を選択

webmin1

Sambaパスワードの設定

[Samba ユーザ]を選択

Samba ユーザリストよりユーザを選択しSambaのパスワードを設定します。

 

共有フォルダ作成

[Samba Share マネージャ]上部の[ファイル共有の作成]を選択

webmin3

※ユーザはroot以外にします。

[Samba Share マネージャ]上で先ほど追加したフォルダを選択し[ファイル共有の編集]を表示し、[セキュリティとアクセス制御]を選択

書込み可能にしますか?
ゲストのアクセスを可能にしますか?

など選択し更新します。

 

 

 

 

コメントを残す