CentOS7 Dockerのインストール

コンテナ型仮想化であるDocker(ドッカー)のインストールについて記載します。

Dockerのリポジトリを追加

yumのリポジトリを追加して最新バージョンをインストールできるようにする。

/etc/yum.repos.d/docker.repoを作成します。

上記をdocker.repoとして作成します。

 

Dockerインストール

 

Dockerのサービスを有効にし、自動起動をON にする

 

Docker起動を確認

 

CentOS7 Expressのインストール

Node.jsのアプリケーションフレームワークExpressをインストールします。

本説明は、Nodeは既にインストールされているものとして説明を進めます。

expressのインストール

 

起動の確認

次のコードをファイルに保存します。(app.js)

保存場所は、とりあえずホームホルダでもよいです。

次にターミナルにて

Server running at http://localhost:3000/

と表示されたら起動成功、任意のブラウザーにてhttp://localhost:3000/

Hello World と表示されたら成功です。

 

雛形作成モジュールexpress-generatorのインストール

インストールができたら実際に雛形作成します。

 

実行するとexpressTessフォルダが作成されます。

でアプリのモジュールをインストールします。

で起動します。

任意のブラウザーでhttp://localhost:3000/

Express

Welcome to Express

と表示されたら成功です。

 

 

 

 

CentOS7 MongoDBのインストール

MongoDBのインストールを記載します。

リポジトリの追加

を/etc/yum.repos.d/mongodb.repoに保存します。

 

 

インストール

・mongodb-org-mongos、mongodb-org-server、mongodb-org-shell、mongodb-org-toolsの4つのパッケージがインストールされます。

 

 

起動

シェルを起動して起動確認は、

#mondo

で確認できます。(終了 exit)